スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【ラノベ】羽月莉音の帝国はマジでオススメ

    羽月莉音の帝国 10 (ガガガ文庫)
    羽月莉音の帝国 10 (ガガガ文庫)


    17日に出た10巻でめでたくシリーズ完結。

    羽月莉音の帝国は「建国しよう!」がテーマな作品であり、
    まぁラノベなんだけども、経済小説でもあったりして、普通に
    大人でも楽しめる。というか、リアル高校生とかだと、特に
    魔法も超能力も変な物理法則も出てこないので楽しめないのかもしれない。

    国が絡むので、経済ばかりではなく、当然のように政治とか、
    軍事とか、裏社会的なものも普通に登場してくるし、全くもって
    違法行為などのオンパレードなのだけれども、逆に存在するものを
    無視する事無く、そういう存在をも描ききったという点において
    ラノベ界において重要な作品なんじゃないだろうか。

    巻を増すごとに話のスケールが倍々ゲームで大きくなっていくので
    話のテンポ感というか、勢いがものすごい。書いてある事を
    100%鵜呑みにはできないけども、世界の仕組み的な概略を知るには
    なかなかオススメな作品とも言える。「もしドラ」の甲子園出場なんて
    スケール的に勝負にならないくらいに、話がでかくなっていく。
    もしドラは組織の内部の話だったけれども、羽月莉音はもっと
    外側を描いた作品。もしドラを面白く読めた人なら、羽月莉音も
    楽しめる素養はあると思う。ぜひ読んで欲しい。

    あと、後半部分では、とあるキャラクターによる非常に尊大な
    スピーチが何回も楽しめる。なかなか演説シーンは見物なので、
    スピーチ的な勉強も可能かもしれない。

    惜しむらくは、おそらくはアニメ化は不可能だということ。いや、
    映像化はできるんだけども、話の内容的に問題視されちゃう。
    反社会的組織とか、インサイダーとか、軍事関係とか、なかなか
    テレビアニメにするにはシビアだと思うし、OVAとしては原作の
    知名度が弱いし。誰か識者の方にでも宣伝してもらってブレイク
    すれば、チャンスはあるかもしれないけど。期待は出来ないかな。

    ちなみに自分は8巻まで電子書籍版を買っていたんだけど、
    なんとイラストがカットされているんですよ。びっくり。
    最初、そういう挿絵が無いラノベなのかと思っていたくらい。
    紙で買ったら普通に付いてました。でもイラストが主体ではないので
    全く問題ないといえば問題ないのだけど。

    とりあえず2年間で10冊を見事に書ききってくれた作者様に感謝。
    あんまり拍手とかしない性格なんだけども、この作品には素直に
    拍手したくなる、そんな忘れられない作品になりました。


    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    羽月莉音の帝国 (ガガガ文庫)
    羽月莉音の帝国 2 (ガガガ文庫)
    羽月莉音の帝国 3 (ガガガ文庫)
    羽月莉音の帝国 4 (ガガガ文庫)
    羽月莉音の帝国 5 (ガガガ文庫)
    羽月莉音の帝国 6 (ガガガ文庫)
    羽月莉音の帝国 7 (ガガガ文庫)
    羽月莉音の帝国 8 (ガガガ文庫)
    羽月莉音の帝国 9 (ガガガ文庫)
    羽月莉音の帝国 10 (ガガガ文庫)

    関連記事

    コメント

         修正用パスワード :

    管理人にのみ公開 :

    トラックバック


    <<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

    プロフィール

    サンジメン

    Author:サンジメン
    下手に大人に成ってからアニメにハマるとロクな事が無いんだよって事を記した大切な記録。
    たまに思い出したように写真ネタがインサート。同志募集。TB歓迎。他のブログもよろしく。

    Twitter
    ランキング
    カテゴリ
    最新記事
    月別アーカイブ
    リンク
    人気BD/DVD
    フィギュア
    ラノベ・50位までランダム
    Powered by fun9.net
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。